熊本藩 水前寺公園

水前寺公園は熊本藩の初代細川忠利が鷹狩の時に、渾々と清水が湧くこの地がお気にいり、御茶屋として作事されたのが始まりと言われている。
 後、綱利の代に大規模な作庭がなされ、桃山式の優美な回遊式庭園が完成、陶淵明の詩(帰去来辞)より成趣園と命名された。華やかな元禄時代には東屋も沢山あり、成趣園十景を選んで楽しまれた。
 重賢公の代、宝暦の改革で建物は酔月亭一つを残して撤去され、樹木も松だけの質素なものとなった。