津山藩 衆楽園
衆楽園/津山藩            2005.09再

衆楽園は、江戸時代初期の津山藩主、森家によって築造された回遊式の庭園。
 元禄11年(1698年)に松平家が藩主となって以後幕末までは、家臣や他藩・他家からの使者を謁見するための「御対面所」、または藩主の隠居所の庭園として使われ、明治3年(1870)に「衆楽園」として命名た。