近水園/足守藩
    足守藩 近水園 :岡山市北区足守                             20008.02再訪
 近水園は、足守藩主木下家の居館の奥側にある大名庭園で、御殿山を背景にして造られ、池泉回遊式の庭園。
 近水園の築庭は、6代藩主の時、18世紀初めと推定されている。 約5500平方メートルの園地の外寄りに、東外側を流れる足守川から水を取り入れて園池を設け、池内に蓬菜島を兼ねた鶴島・亀島の2つの島を浮かせた庭園。
 池のほとりの山際には数寄屋造り(茶室風の建物)の吟風閣が建っている。
 吟風閣からの庭園の眺めは、足守川を隔てた宇野山を借景にした眺望が開け、大名庭園の醍醐味を堪能することができる。