天童藩:天童陣屋
天童藩/天童陣屋:出羽(山形)天童市 織田家 外様 20千石【柳間】子爵            織田信長の次男(信雄)の子孫(柏原藩は弟筋)
 天童藩の陣屋はJR線路で真二つ三宝寺/織田家霊屋。旧東村山郡役所。建勲神社。天童藩織田家菩提寺の高林寺(文京区)/織田家累代墓
天童藩探訪歴 平成元年5月探訪:山寺と残雪の蔵王/同14年4月再訪/同26年7月更新   織田信浮が1768年に天童藩に入封し6代100余年在封
※一口メモ:@天童藩織田家とは:織田信長の二男、信雄の嫡流という名門である。信雄の嫡子、信良が小幡藩2万石で入封し7代在封した。7代目の信邦が家老を処罰(山県大仁との交際をとがめ)したのを咎められ蟄居。弟の信浮が継いだ。明和5年(1768)、出羽高島転封され、高島から天童へ居所を移し天童藩が成立した。
A幕末維新時の天童藩:維新時の天童藩は新政府軍として庄内藩と戦ったが敗れた。その後、今度は奥羽越列藩同盟に加盟し庄内藩とともに戦った天童藩は新政府軍に敗れた(戦死者14名)。戦後、天童藩は賞罰として
2千石減封された。   
・                         
                                <幕末275藩         <戻る名門子孫            
天童藩織田家の御霊屋(位牌所)
群馬の小幡にある織田信雄以下7代の墓 
不祥事により、小幡藩から天童藩へ転封
天童藩城下の毎年、人間将棋が開催される場所
天童藩、旧東村山郡役所
天童藩、建勲神社
天童藩織田家累代の墓(53霊の合祀)  H23.05
天童藩菩提寺の高林寺/文京区 天童には墓所はない
       閑かさや 岩にしみいる 蝉の声<山寺にて:芭蕉>   天童藩城下            ↑平成5年大チャンと//山寺
天童藩の陣屋跡と見取り図