千束藩:小倉新田藩
千束藩(ちづか藩)/小倉新田藩:豊前(福岡)豊前市 小笠原家・小倉藩分家 譜代10千石【帝鑑間】子爵 
定府大名.。 千束藩(小倉新田藩)の陣屋跡/千束神社。 明治3年急遽構築。 千束藩(小倉新田藩)小笠原家菩提寺の開善寺/北九州市小倉。  
千束藩/小倉新田藩探訪歴 平成9年2月探訪/菩提寺は平成18年10月参詣/同26年6月更新   千束藩/小倉新田藩
一口メモ:@小笠原真方が1671年、兄の小倉藩主から分地を受け千束藩(小倉新田藩)を立藩し9代190余年在封。江戸期は小倉城下に住んでいた。明治2年に千束に移したの千束藩と称するようになった。
A幕末維新時の千束藩(小倉新田藩):維新時の千束藩(小倉新田藩)は宗藩の小倉藩と行動を共にし、新政府軍として出兵した。千束藩(小倉新田藩)から60名が出兵した。

                                       
千束藩/小倉新田藩の陣屋跡石垣
千束藩(小倉新田藩)小笠原家菩提寺の開善寺とお墓。開善寺は昭和36年、小倉城下の小倉北区馬借から現在の小倉南区の足立山の麓に移設
した。 お寺の境内は殆ど無い、墓所はお寺の裏側を200m登った所にある。2006.10参詣.