鳥羽藩:鳥羽城
鳥羽藩/鳥羽城:志摩(三重)鳥羽市 稲垣家 譜代 30千石【帝鑑間】子爵    稲垣照賢が1725年に鳥羽藩に入封し8代140年在封
鳥羽城址は鳥羽小学校。  幕末の藩主菩提寺の光岳寺// 鳥羽藩稲垣家菩提寺の天増寺:伊勢崎市の:H17.06参拝。          鳥羽藩
鳥羽藩探訪歴 平成8年11月探訪/同14年春再訪/伊勢神宮・鳥羽水族館/同26年7月更新 鳥羽藩の支藩:近江山上藩

※一口メモ:@鳥羽藩稲垣家、転勤大名:伊勢崎藩⇒越後三条藩⇒刈谷藩⇒大多喜藩⇒烏山藩⇒鳥羽藩に移る
A鳥羽藩の藩主変遷:九鬼家→内藤家改易→土井家→松平家(大給)→板倉家→1725年、稲垣家が烏山から鳥羽藩に入封し藩主家定着

B幕末維新時の鳥羽藩:鳥羽伏見の戦いでは鳥羽藩は幕府についた(藩主は江戸で国許不在)。急遽、藩主の長行は紀州藩の帆船で帰藩し、亀山藩の斡旋で新政府に帰順し新政府軍の一員として出兵した(鳥羽藩からは2小隊出兵)。鳥羽藩は赦される罰金として15千両を新政府に献金させられた。

鳥羽藩、鳥羽城址は小高い丘にある(鳥羽小学校)
鳥羽藩稲垣家の藩主&一族の菩提寺、天増寺。稲垣家は伊勢崎市で諸侯に列す。H17.06参詣.。