飛山城
 飛山城:栃木県宇都宮市竹下町  飛山城  飛山城の探訪:2012.07
飛山城は永仁年間(1293年〜1299年)、宇都宮氏家臣の芳賀高俊によって築かれたと云われる。 芳賀氏は、清原高澄の子高重が花山天皇の怒りに触れて寛和元年(975年)芳賀郡大内荘に配流となって居住したことに始まる。 南北朝時代には宇都宮氏に従って北朝方として南朝方と戦い、暦応4年(1341年)南朝方によって攻められ、飛山城は落城した。しかし康永年間(1342年〜1345年)頃には再び飛山城は芳賀氏の手に戻った。 天正18年(1590年)、豊臣秀吉の小田原征伐の後に宇都宮氏は所領を安堵されたが慶長2年(1597)宇都宮氏は改易され、飛山城は廃城となった。 
飛山城は国指定史跡。  飛山城の城主、芳賀氏の菩提寺・墓所の同慶寺。
飛山城鉤状の堀
飛山城物見櫓跡
飛山城内の「石置板葺」の将兵詰所
飛山城塀重門
飛山城大手口の木橋
Back
飛山城の城主、芳賀氏の菩提寺同慶寺                         飛山城の歴代城主墓所