月山富田城 
月山富田城:島根県安来市広瀬                    (月山富田城探訪歴:S54年7月/H19年7月は大雨/同25年12月:足立美術館に寄る)
月山富田城は1185年、佐々木義晴が出雲守護として入城以来、山名氏・京極氏・尼子氏・毛利氏・堀尾氏が歴代城主として交代している。月山富田城が最も栄耀栄華を極めたのは陰陽8ケ国を領有した尼子氏の時期であった。文明18年から経久ー晴久ー義久と栄華を極めたが、永禄9年(1566)に毛利氏に降伏し尼子氏は滅亡した。その後の月山富田城は毛利氏の持ち城となったが、慶長5年(1600)の関ヶ原の戦い後は堀尾吉晴が浜松から富田城に入城した。1611年、堀尾吉晴が没することにより、月山富田城は廃城となり城の役目を終えた。 尼子氏の勇将、山中鹿之助の墓
 江戸時代は松平氏広瀬藩30千石の城下町として繁栄した。      
 月山富田城の大手門跡 月山富田城菅谷口:三の丸・二の丸・本丸への入口
               月山富田城山中御殿跡 月山富田城、山吹井戸跡 /七曲りにあり年中水が枯れない
 
            月山富田城の三の丸跡            月山富田城の二の丸跡
            月山富田城の本丸跡/駐車場から30分           月山富田城本丸跡からの城下の眺め
 
 月山富田城の城主、尼子家菩提寺の洞光寺と月山富田城址の裾野にある尼子晴久の墓
 
 
尼子晴久:山陰の守護大名・戦国大名 (1514-1560年)
 1552年、室町幕府将軍の足利義輝から山陰・山陽8ケ国の守護に任ぜられた。しかし1560年12月24日、月山富田城で急死した。
 晴久の死後、尼子氏領国は急激に崩壊していった。 
 
   有名人の墓へ