十村役武田家 
十村役武田家:富山県高岡市太田4258  十村役武田家探訪:2014.04
十村役武田家は重要文化財。 武田家は武田逍遥軒(甲斐の武田信玄の弟)の子孫であり、大田村の肝煎りをつとめた豪農で、歴代十村役を拝命した。明治以降は山岡鉄舟や横山大観らが、武田家に滞在して作品を残している。   
十村役(とむらやく)とは、大庄屋と代官所を合せた役で、加賀藩政治の末端機構であった。十村役の制度は、慶長9年(1604)能登から起り、三代藩主利常公が領内に確立したもので、在の豪農に代官所の役割を与え、周囲の十ヶ村を単位として、治めさせた。農村全体を管理監督し徴税を円滑に進める制度である。  
十村役武田家の敷地は3000坪以上、建築面積は間口、奥行きとも21mで443㎡(134坪)。 
 Back