十村役竹島家 
十村役竹島家:富山県富山市下新本町9-5       十村役竹島家探訪:2014.04
竹島家は重要文化財。十村役竹島家は元和年間から明治の廃藩まで、神通川下流域東岸の開拓に力を尽くした。先祖は大阪夏の陣で破れた豊臣方の武将とされている。享保15年(1730)、六代目五右衛門が初めて十村役に任じられ廃藩まで続けた。                      (観覧は不可)
十村役(とむらやく)とは、大庄屋と代官所を合せた役で、加賀藩政治(富山藩も)の末端機構であった。十村役の制度は、慶長9年(1604)能登から起り、三代藩主利常公が領内に確立したもので、在の豪農に代官所の役割を与え、周囲の十ヶ村を単位として、治めさせた。農村全体を管理監督し徴税を円滑に進める制度である。
 富山藩主の鷹狩の宿舎でもあった  自然石玉石の矢羽積の石垣
 Back