十村役内山家 
十村役内山家:富山県富山市宮尾903                   十村役内山家探訪:2014.04
十村役内山家は重要文化財。 十村役内山家は大永元年(1521~)ごろから、宮尾の地を新田開発してから490年続いた家柄で、千石地主と言われた豪農(宝永年間「1704年頃」には1700石に達した)。藩政時代は歴代、十村役を務めた。      
十村役(とむらやく)とは、大庄屋と代官所を合せた役で、加賀藩政治の末端機構であった。十村役の制度は、慶長9年(1604)能登から起り、三代藩主利常公が領内に確立したもので、在の豪農に代官所の役割を与え、周囲の十ヶ村を単位として、治めさせた。農村全体を管理監督し徴税を円滑に進める制度である。
十村役内山家の屋敷は壮大 富山県下で一番幹回りが大きい椿の木
             十村役内山家の 大きな蔵    十村役内山家の籾蔵
                                         Back