十村役飯田家 
十村役飯田家:石川県七尾市古屋敷町タ部8-2(七尾城址資料館と隣接)                             十村役飯田家探訪:2014.04
国の有形文化財。 飯田家は190年前に建てられた建屋で、肝煎り役や十村役をつとめた。
十村役(とむらやく)とは、大庄屋と代官所を合せた役で、加賀藩政治の末端機構であった。十村役の制度は、慶長9年(1604)能登から起り、三代藩主利常公が領内に確立したもので、在の豪農に代官所の役割を与え、周囲の十ヶ村を単位として、治めさせた。農村全体を管理監督し徴税を円滑に進める制度である。
 
 難攻不落とうたわれた七尾城の登城口駐車場があり25分で本丸まで行ける。(↑七尾城本丸跡)。
 Back