十村役喜多家 
十村役喜多家:石川県羽咋郡宝達志水町北川尻ラ4       十村役喜多家探訪:2014.04
国指定重要文化財。 十村役喜多家は自らは2300石を有し、羽咋から金沢までの203ケ村を治め、十村役筆頭の家柄。 喜多家は源氏の名門、新田義貞の三男義宗の嫡流。 母屋は殿様用・奉行家老用・役人用・十村役用の4玄関がある。藩主の御座の間や藩主専用の湯殿有り。     
十村役(とむらやく)とは、大庄屋と代官所を合せた役で、加賀藩政治の末端機構であった。十村役の制度は、慶長9年(1604)能登から起り、三代藩主利常公が領内に確立したもので、在の豪農に代官所の役割を与え、周囲の十ヶ村を単位として、治めさせた。農村全体を管理監督し徴税を円滑に進める制度であった。 
Back
母屋は前田公の命により、それまでの家を十村役筆頭の格式を持った家屋にする為に2年がかりで改築し、享保3年(1718)に完成した。玄関が4つある。殿様用・奉行家老用・役人用・十村役用があり非常に珍しい。藩主の御座の間や藩主専用の湯殿有り。
7000坪を越す広大な敷地、十村役筆頭の格式がうかがえる(御主人自らの案内に感激)。