十村役黒丸家 
 十村役黒丸家:石川県珠洲市若山町上黒丸2-33                     十村役黒丸家探訪:2014.04
十村役黒丸家は国の重要文化財。 現在も住んでいるので非公開。
黒丸家は、前田氏の能登入国後、初期の十村役を勤めた家柄であり、十村・肝煎を世襲し、農業・林業の他に酒造業も営んだという。主屋を中心にして納屋・米蔵・道具蔵などの付属の建物をもつ。池庭を配した屋敷構えや、主屋の規模に、格式の高さがうかがわれる。
。  
十村役(とむらやく)とは、大庄屋と代官所を合せた役で、加賀藩政治の末端機構であった。十村役の制度は、慶長9年(1604)能登から起り、三代藩主利常公が領内に確立したもので、在の豪農に代官所の役割を与え、周囲の十ヶ村を単位として、治めさせた。農村全体を管理監督し徴税を円滑に進める制度である。
 十村役黒丸家
十村役黒丸家の母屋   
 Back