十村役岡部家 
十村役岡部家:石川県羽咋郡宝達志水町荻谷二42番地                             十村役岡部家探訪:2014.04 
十村役岡部家は源平の一の谷の戦いで功績を挙げた鎌倉幕府御家人、岡部六弥太忠澄を祖とする。幕末の嘉永6年(1853)、加賀藩主の前田斉泰公が能登巡行の時に本陣として宿泊している。 2000石を有していた。拝領の矢屏風。      
十村役(とむらやく)とは、大庄屋と代官所を合せた役で、加賀藩政治の末端機構であった。十村役の制度は、慶長9年(1604)能登から起り、三代藩主利常公が領内に確立したもので、在の豪農に代官所の役割を与え、周囲の十ヶ村を単位として、治めさせた。農村全体を管理監督し徴税を円滑に進める制度であった。 
茅葺入母屋造りの建物十村役岡部家 
   前田公宿泊の間と拝領の矢屏風
            十村役岡部家回泉式庭園              十村役岡部家の納屋 
Back