十村役桜井家 
十村役桜井家:石川県羽咋市柳田町51                            十村役桜井家探訪:2014.04
十村役桜井家とは:桜井家の先祖、桜井三郎左エ門は「末森城」攻防戦(天正12年・1584年)で圧倒的な戦力を要した佐々成政(富山城主)軍の裏をかき前田利家勢を案内手引きして末森城の合戦を前田家の勝利に導いた功労者である。高松(現在のかほく市高松)の地で十村役を務めていたが、嘉永3年(1850)羽咋柳田に移り十村役も務めた。
十村役(とむらやく)とは、大庄屋と代官所を合せた役で、加賀藩政治の末端機構であった。十村役の制度は、慶長9年(1604)能登から起り、三代藩主利常公が領内に確立したもので、在の豪農に代官所の役割を与え、周囲の十ヶ村を単位として、治めさせた。農村全体を管理監督し徴税を円滑に進める制度であった。 
十村役桜井家の敷地内には何にも残っていない。 
Back