十村役下時国家 
十村役下時国家:石川県輪島市町野町西時国     十村役下時国家探訪:1987.05探訪//2014.04再訪
十村役下時国家は国の重要文化財。 時国家は加賀藩十村役であったが、時国村の一部が土方領(後に天領)となり二重支配を受ける事態になり、上時国家(本家)は天領庄屋を、下時国家(分家)が加賀藩十村役を務めた。 時国家の初代は文治元年(1185)能登に配流された平大納言時忠、その子の時国が近隣の村々300石を統治し館を構えた。農業・塩業・北前船などを営んでいた。    
十村役(とむらやく)とは、大庄屋と代官所を合せた役で、加賀藩政治の末端機構であった。十村役の制度は、慶長9年(1604)能登から起り、三代藩主利常公が領内に確立したもので、在の豪農に代官所の役割を与え、周囲の十ヶ村を単位として、治めさせた。農村全体を管理監督し徴税を円滑に進める制度であった。
 
 
  下時国家の構造は木造平屋で間口13間奥行8間の108坪。             下時国家の大広間や駕籠
  
                  下時国家の馬屋と民具    国の名勝の池泉回遊式庭園
   Back