十村役宗玄家 
十村役宗玄家:石川県珠洲市宝立町宗玄24                             十村役宗玄家探訪:2014.04
十村役宗玄家は能登守護の七尾城主畠山義春の子孫である。 能登に攻め込んだ上杉謙信勢と畠山宗元は戦うが敗北し野に下り、宗元を宗玄と改名した。その後、能登の領主となった前田家により、十村役を仰せつかった。現在は「宗玄酒造」となって栄えている。     
十村役(とむらやく)とは、大庄屋と代官所を合せた役で、加賀藩政治の末端機構であった。十村役の制度は、慶長9年(1604)能登から起り、三代藩主利常公が領内に確立したもので、在の豪農に代官所の役割を与え、周囲の十ヶ村を単位として、治めさせた。農村全体を管理監督し徴税を円滑に進める制度である。
 
 
十村役宗玄家は「宗玄酒造」として繁盛している。<恋路海岸から1km>
 Back