奥山廻役所、浮田家 
奥山廻役所、浮田家:富山県富山市太田南町272        奥山廻役所、浮田家探訪:2014.04
国指定重要文化財。江戸時代後期の豪農民家建造物。  浮田家は十村役であったが、元禄6年(1693)には三代宗兵衛が加賀藩奥山廻役(立山、黒部一帯の山林保護・国境警備を任務)を拝命し、禄高5百石を賜る。その後、加増を重ね、文政10年(1827)には七代善左衛門が3千石を賜った。     
浮田家のルーツ:宇喜多秀家は関ヶ原の戦いで、西軍に付いて、八丈島に流罪になったが、夫人の豪姫(前田利長の娘)は金沢に帰った。前田家から豪姫を預かってほしいと頼まれた。宇喜多では憚りがあるので、浮田の姓を名乗るようにとの事。豪姫は実際には金沢城下に住んでいた。 
十村役(とむらやく)とは、大庄屋と代官所を合せた役で、加賀藩政治の末端機構であった。十村役の制度は、慶長9年(1604)能登から起り、三代藩主利常公が領内に確立したもので、在の豪農に代官所の役割を与え、周囲の十ヶ村を単位として、治めさせた。農村全体を管理監督し徴税を円滑に進める制度である
                      十村役浮田家の敷地面積は5190㎡  
                                  十村役浮田家 Back