斗南藩-旧会津藩 
斗南藩/となみ:青森県むつ市(現、円通寺)                                  斗南藩探訪:2015.05
「朝敵」「逆賊」という汚名を着せられ、明治維新の戊辰戦争に敗れた会津藩28万石は3万石に大減封され斗南藩として再出発した。
明治3年(1870)春から淡い希望と深い悲壮感を抱き、17300人・2800戸が会津から移住してきた。しかし翌年の明治4年7月の「廃藩置県」が行われ、斗南藩は廃しされ弘前県に合併された。明治6年には藩士の転出に拍車がかかり、むつ市に残ったのは50戸に過ぎなかった。 翌日は恐山に参詣。 
 
 斗南藩の仮館として斗南藩庁が置かれた(円通寺)  斗南藩が計画、整備した斗南ケ丘市街地/1戸建30棟・2戸建80棟
 
旧会津藩士が上陸した寒冷不毛の地、斗南   斗南藩士の墓
Back 斗南藩