都於郡城/とのこおり城
都於郡城:とのこおり城/宮崎県西都市鹿野田     都於郡城探訪歴2011.11
都於郡城は 九州屈指の中世の城址。鎌倉時代の建武2年(1335)、伊豆から下向した伊藤祐持が築いた城で242年間、日向の国を治めた伊藤氏の居城として栄華を極めた(48城を支配)。しかし、元亀3年(1572)木崎原合戦(えびの市)で島津軍に敗れ次第に勢力を落とし、5年後の天正5年(1577年)10代目伊藤義祐の時代に、都於郡城の落城とともに豊後(キリシタン大名大友氏)に落ち延びて、伊藤氏の栄華は終わりをつげた。島津氏も元和元年(1615)の一国一城令により、都於郡城を廃城した。都於郡城の地域は江戸時代は佐土原藩島津家27千石の領地。尚、伊藤氏は江戸時代は飫肥藩51000石を賜り明治を迎えた。
天正遣欧少年使の正使・伊東満所(マンショ)生誕城 :1582年(天正10年)九州のキリシタン大名、大友宗麟等がローマへ4名の
少年を派遣、1590年(天正18年)に帰国した。 この日は伊藤マンショ生誕400年を兼ねた都於郡城祭りが本丸跡で開催されていた。
都於郡城は標高100メートルの高台にあり、周りを急峻な断崖に囲まれ、西側の三財川が外堀の役割を果たした。
本丸を中心に二ノ丸、三ノ丸、西ノ城、奥ノ城、等がらなる。別名、浮舟城と呼ばれていた。
Back
都於郡城の城主、伊藤家墓所がある大安寺