高知城:土佐藩
高知城:土佐藩:土佐(高知)高知市 山内家 外様 242千石【大広間 侯爵     明治維新の町                      土佐藩
江戸時代現存の高知城天守閣。 土佐藩山内家下屋敷長屋。 大川筋の土佐藩武家屋敷。 土佐藩山内家菩提寺の真如寺(筆山公園)。
 はりやま橋。 桂浜の坂本竜馬像。 長曾我部元親の浦戸城址。     <31番竹林寺・32番禅師峰寺・33番雪渓寺参詣> 
土佐藩探訪歴 昭和49年9月探訪/平成18年12月再訪/同26年7月更新 山内一豊が1603年に土佐藩に入封し16代260余年在封
江戸時代現存の高知城天守閣
高知城大手門/土佐藩
※一口メモ:@長曽我部盛親は関ヶ原の戦いで西軍に属したので、慶長5年、領地没収。そのあとに掛川から山内一豊が18万石加増のうえ24万石で土佐藩に入封した。慶長8年、城を浦戸から高知(高知城築城)へ。
A幕末維新時の土佐藩:幕末の土佐藩の藩論は、公武合体論と勤王党の主張が絡み合いながら進展したが、大政奉還後は薩摩、長州とともに新政府の中心となり、明治維新に突き進んだ。土佐藩の出兵は2717名、戦死者は106名であった。戦後の論功行賞で土佐藩は
4万石の賞典禄を賜った。
B土佐藩は幕末時の超有名人の阪本龍馬の輩出藩である。       
                                  <幕末275藩            <現存天守閣12城      
 3札所巡り    31番竹林寺                   32番禅師峰寺                       33番雪渓寺
幕末の風雲児 坂本龍馬/土佐藩           山内一豊の妻、千代、土佐藩           土佐藩城下のはりやま橋
土佐藩山之内家菩提寺の真如寺と山之内家歴代藩主墓所(毎月21日の一豊公の命日に入山出来るが山内資料館に事前申請:墓所は囲いがあり鍵がかかっている)  一豊の妻、千代は京都妙心寺の大通院に眠る。    2006.12参詣
山内家入封前の大名、長曾我部元親墓(四国を制覇したが、秀吉の天下統一後は土佐一国の大名)高知市長浜
土佐藩の教授館校門
土佐藩山内家下屋敷長屋
手島家250石:土佐藩上士の中位の身分/土佐藩