土佐新田藩
土佐新田藩:土佐(高知)高知市 山内家/土佐藩分家 外様 13千石【柳間】子爵 
定府大名(麻布山内家)  高知城内に藩庁  ☆山内豊産が1780年、土佐藩9代藩主時代に分与され土佐新田藩を立藩し諸侯に列した
土佐新田藩山内家の菩提寺の曹渓寺&墓所/港区  H18.05参詣 
土佐新田藩探訪歴 昭和49年9月探訪/平成18年11月再訪/同24年7月更新  土佐新田藩
※一口メモ:@幕末維新時の土佐新田藩:維新時の土佐新田藩は宗藩の土佐藩と行動を共にした(土佐新田藩から57名出兵)。
A土佐新田藩の江戸屋敷、麻布山内家は、かの有名な「赤穂浪士」から討ち入り後に姿を消した寺坂吉右衛門が名をかえ仕えた。 
墓所前の右側にある石碑は赤穂義士、寺坂吉右衛門の碑:寺坂は名前を変え麻布山内家に仕えたという。
土佐新田藩の藩庁は高知城内
宗藩の土佐藩祖、山内一豊の墓 2006.11参詣
土佐新田藩山内家の菩提寺、曹渓寺/港区 土佐新田藩歴代墓 2006.05参詣