富山藩:富山城 
 富山藩/富山城:越中(富山)富山市  前田家・金沢藩分家  外様 10万石【柳間】  伯爵
富山城天守閣(復興) 千歳御門/10代利保公の隠居屋敷門  戦災で城下焼失  富山藩前田家菩提寺の真国寺と長岡御廟   電車の走る街 
富山城は1532年頃神保氏の属将、水越勝重が築城した。1575年織田信長の属将、佐々成政が入城したが、肥後へ転封し前田氏が支配する城となった。寛永17年(1640)前田利次が加賀藩三代藩主利常(父)から分封を受け富山藩を立藩し13代220余年在封  
       富山藩探訪:平成8年7月探訪//同9年4月再訪(日本衛生学会出席)//同26年4月再訪⇒十村役屋敷探訪途次
                                        満開の桜と富山城 
富山藩、富山城富山藩、 千歳御門/10代利保公の隠居屋敷門  
  桜の下でお弁当(日本衛生学会:平成9年4月) 
富山藩前田家墓所の長岡御廟  
※一口メモ:
@幕末維新時の富山藩:維新時の富山藩は新政府軍に参加し、越後へ出兵した(富山藩から6個小隊出兵し17名戦死)。戦後の論功行賞で富山藩は
5千石の賞典禄を賜った。
A富山藩といえば越中富山の反魂丹:元禄3年、江戸城内である大名が腹痛を起こした。居合わせた富山藩主が反魂丹を飲ませたところ、痛みはピタリ止まった。居並ぶ大名は驚き即座に大量注文があったという。