登米要害(とよま)/寺池城
登米要害の城下町には文明開化後の建物が散見される。(左)尋常小学校跡    (右)旧警察署跡
登米要害/寺池城:宮城県登米市登米町寺池(裁判所敷地一帯)   登米要害/寺池城   登米要害探訪歴:2012.04
登米伊達氏21千石(伊達氏一門)。 伊達氏菩提寺の養雲寺、覚乗寺高台院霊屋。 高等尋常小学校跡・旧警察署跡。 武家屋敷多数。 
登米要害は当初寺池城と呼ばれ築城年代は不明、鎌倉時代から葛西氏の勢力範囲内にあった。豊臣秀吉による小田原攻めに参陣しなかった事から奥州仕置により改易された。その後、奥州仕置で功の大きかった木村氏が入城するが、転封。伊達領となる。寺池城には慶長9年(1604)に伊達家一門の白石宗直が1万5千石(後新田開発などで2万1千石)で入城し、天和2年(1682)からは伊達性を名乗る事が許可され登米伊達氏として明治維新を迎えた。元和元年(1615)の一国一城令により、寺池城は廃城した。その後、寺池城は要害屋敷としての体裁を整え登米要害として整備された。 
登米要害の領主、伊達氏4代、覚乗寺高台院霊屋                           養雲寺の伊達家塁代の墓跡、登米要害
登米要害の武家屋敷街・武家屋敷門
登米要害/寺池城
Back