豊岡藩:豊岡陣屋
こうの鳥の里
豊岡藩/豊岡陣屋:但馬(兵庫)豊岡市 京極家・丸亀藩分家 外様15千石【柳間】子爵  ☆京極高盛が1668年に豊岡藩に入封し9代200年在封
豊岡藩の陣屋跡は市立図書館。移築城門/慈等寺・長松寺・出石城下の福成寺山門。豊岡藩京極家菩提寺の旧瑞泰寺。大石内蔵助の妻”りく”の里
平成3年9月探訪:品川転勤時/同19年5月再訪/同26年7月更新 豊岡藩の宗藩:讃岐丸亀藩51千石、丹後峯山藩11千石、讃岐多度津藩10千石
豊岡藩京極家菩提寺、瑞泰寺(廃寺)                           豊岡藩京極家の歴代藩主墓
長松寺の豊岡藩の陣屋移築門/市内下鶴井
慈等寺の豊岡藩の陣屋移築門/市内三宅
図書館の豊岡藩の陣屋跡には久美浜代官所の表門が移築されている
豊岡藩陣屋移築表門/福成寺:出石藩の城下
大石りくの遺髪墓:正福寺
 大石内蔵助に<吉良邸討入で類が及ばないように>離縁された”りく”は豊岡藩家老の石束家の長女。次男(吉之進)長女(くう)は豊岡で早逝。三男(大三郎)と次女(るり)を連れて、大三郎が親藩の安芸広島藩に仕官したので、広島に去った。従い墓所は広島にある(68歳没)。 ”りく”は豊岡で亡くなった子供を思いやり、自分の遺髪を豊岡の”くう”の脇に埋葬。
※一口メモ:@豊岡藩の藩主変遷:杉原家無嗣絶家→京極家が1668年に33千石で豊岡藩に入封した。4代目が10歳で亡くなり無嗣除封の危機にみまわれたが弟に減封し15千石で家名相続が許された。
A幕末維新時の豊岡藩:維新時の豊岡藩は佐幕的であったが、慶応4年に山陰道鎮撫使に帰順した。
B豊岡藩京極家とは:京極高次(子孫は丸亀藩で明治まで)の弟、高知は秀吉に仕え、天正19年、近江蒲生で5千石、文禄2年(1593)、信濃伊那で6万石、翌年には10万石に加増される。関ヶ原の戦い後、丹後宮津藩123千石に転封。極高知は嫡男の高弘に宮津藩78千石を(後に改易)、3男の高三に田辺藩35千石を、甥で婿養子に峰山藩1万石を分けて継がせた。高三の孫である高盛は田辺藩35千石から豊岡藩35千石へ転封となる。高盛の孫である高寛は夭折し無嗣絶家の危機におちいったが、高永が末期養子として15千石を継いだ。