津藩:津城
 津藩/津城:伊勢(三重)津市  藤堂家 外様 323千石【大広間】伯爵 藤堂高虎が1608年津藩に入封し12代260余年在封 
津藩校の入徳門.。  津藩藤堂家菩提寺の寒松院。 (津藩城代支配の上野城:/幕末275藩以外参照)。    ☆津藩の支藩:伊勢久居藩53000石 
        津藩探訪歴: 平成6年3月探訪//同16年12月再訪B:鹿児島玉龍花園ラグビー応援途次//同25年5月C:田丸城探訪途次  津藩
Back
※一口メモ:
@津藩の藩主変遷:富田家(宇和島転封)⇒慶長13年(1608)、藤堂高虎が今治から津藩に入封し藩主家が定着した。
A幕末維新時の津藩:鳥羽伏見の戦いでは津藩は幕府方で山崎を守っていたが、形勢不利をみるや新政府軍につき幕府軍を攻撃した。その後、桑名藩の処分、彰義隊との戦い、東北戦線を転戦した。津藩の出兵は2651名、37名戦死した。戦後の論功行賞で津藩は
賞典禄23千石を賜った。

B津藩の藩祖、藤堂高虎とは
:藤堂高虎は近江の浅井氏・織田氏・豊臣氏そして徳川氏に仕え、天正13年(1585)1万石、ついで紀州粉河で2万石、伊予宇和島7万石と出世し、関ヶ原の戦の戦功で伊予今治20万石の大名になった。慶長13年(1608)伊賀・伊勢に22万石を与えられ、はじめ上野城、10月伊勢の津城(安濃津城)に入った。大坂の陣の後、山城・大和に加増されて津藩32万3000石となった。   
文政3年(1820)創設の津藩の藩校、有造館の正門であった入徳門
津藩藤堂家の祖、藤堂高虎公の銅像
     津藩の津城隅櫓とお堀・石垣
津藩藤堂家菩提寺の寒松院
        &
津藩藤堂家の歴代藩主墓所