津久井城
津久井城:神奈川県相模原市緑区津久井湖城山公園 津久井城 津久井城探訪歴: 2012.04
津久井城は鎌倉時代に三浦氏の一族である筑井為行によって築城されたといわれる。戦国初期には北条早雲が家臣の内藤景定を城主として送り込み整備、「津久井衆」といわれる家臣団を組織して甲斐武田氏からの侵攻に備えた。天正18年(1590)の豊臣秀吉の小田原征伐では城主の内藤景豊は小田原城に籠城し、津久井城には老臣ら150騎が籠城したが、徳川勢・本多忠勝、平岩親吉ら1万の攻撃を受け津久井城は降伏開城した。 
津久井城本丸跡
津久井城土蔵跡
津久井城太鼓曲輪跡
津久井城本丸への堀切の説明板
津久井城の山城を望む:駐車場から
津久井城への登城道
BACK
戦いのない時は山城の麓、ここ「御屋敷」を中心に家臣団は生活していた。
津久井城絵図