鶴牧藩:鶴牧陣屋
鶴牧藩/鶴牧陣屋:上総(千葉)姉崎 水野・沼津分家 譜代 15千石【雁間】子爵  ☆水野忠韶が文政10年(1827)に鶴牧藩に入封し3代41年在封 
          姉崎小学校が鶴牧藩の陣屋跡  鶴牧藩の移築城門(姉崎神社横)  鶴牧藩水野家 菩提寺&墓所の真珠院/小石側   
 鶴牧藩探訪歴:平成8年1月探訪/同17年5月再訪/同26年7月更新  鶴牧藩
大手橋の正面が鶴牧藩の陣屋跡/小学校 小学校正門の鶴牧藩の城址碑
鶴牧藩の陣屋門(移築) 徳川義軍四士の墓/戊辰戦争犠牲者
鶴牧藩水野家菩提寺の小石川真珠院/沼津水野家の御霊屋もある
※一口メモ:@鶴牧藩と名付けたのは、水野家の江戸屋敷が早稲田鶴巻町(東京都新宿区)にあった事に由来する。
A幕末維新時の鶴牧藩:維新時の鶴牧藩は、陣屋のそばに、旧幕府の撤兵隊2千名が布陣した。新政府軍が来るまで米の援助などして傍観したので最後の藩主、忠順は短期間であったが、謹慎させられた。その後、東海道先鋒軍の傘下に入り房総の騒動に備えた。鶴牧藩の出兵は100名。