対馬藩:対馬府中藩
対馬藩/対馬府中藩: 対馬(長崎)対馬市 宗家 外様 100千石【大広間】 伯爵      ☆宗義智が本領安堵され対馬藩が成立し16代在封で明治 
対馬藩宗家菩提寺の万松院  お舟江  武家屋敷街  椎根の石屋根  朝鮮半島遠望     <対馬藩探訪歴:昭和58年5月/平成26年7月更新> 
対馬藩は、当初は肥前国内1万石を併せて2万石格であったが幕府は朝鮮との重要な外交窓口として重視し、初代藩主の宗義智以来、対馬藩を国主10万石格として遇した。しかし、山がちで平野の少ない対馬では稲作がふるわず、米4,500石、麦15,000石程度の収穫であり、肥前国の飛び地(67ケ村)他をのぞくと実質的には無高に近く、藩収入は朝鮮との交易によるものが大半であった。対馬藩の参勤交代は3年に1度、江戸に出仕することとされた。
                  対馬藩金石城址                府中藩のお舟江 
              対馬藩、椎根の石屋根           対馬藩宗家菩提寺万松院参道にて/38才
※一口メモ:幕末維新時の対馬藩:維新時の対馬藩は尊王派と佐幕派の激しい抗争がくり返された。江戸では尊王攘夷派が佐幕派家老を暗殺、国許の対馬藩では逆に佐幕派が尊王攘夷派の中心人物を獄死させた。更に獄死させた佐幕派の中心人物も殺された。しかし、1868年2月九州鎮撫使に勤王を表明し、4月に対馬藩の最後の藩主、重正(20)は上京し天皇に会った。   

武家屋敷石垣の塀→

←金石城石垣、対馬藩

対馬藩宗家の江戸菩提寺、如来寺(東京品川区西大井)  平成24年5月参詣
墓所には対馬藩2代藩主、宗義成から16代藩主までとその正室と子女たちの墓碑がある。