躑躅ケ崎館:山梨県甲府市古府中                          躑躅ケ崎館探訪歴:昭和47年5月探訪/平成18年4月再訪/同26年8月B
躑躅ケ崎館は甲斐源氏の武田氏3代(信虎・信玄・勝頼)の居館跡。現在は武田神社になっている。. 1519年(永正16) に 武田信虎が築城した。
 「風林火山」を旗印に、優れた騎馬軍団を持ち戦国最強と恐れられた武田軍団。「人は城、人は石垣」という言葉に表れているように甲斐国の治政にも力を入れた信玄。躑躅ヶ崎館は、当時石垣とかの厳重な構えはなかったと言われている。強固な家臣団を築き、戦国最強の軍隊を維持していた信玄には必要なかったとも言われている。
 躑躅ケ崎館(跡)は武田神社
恵林寺と信玄の墓 
躑躅ケ崎館