津和野藩/津和野城
津和野城とは:津和野城は鎌倉末期、西石見の地頭職、吉見頼行が築き、戦国期まで13代居城。その間大内氏、毛利氏に仕えていた。1600年の関ヶ原の戦い後坂崎出羽守直盛が3万石で津和野藩に入封し、津和野城の大改築を行ったが、千姫事件(1616)によって切腹した。その後を受けて亀井政矩が元和3年(1617)4万3000石で津和野藩に入封した。  
                                    <幕末275藩         <小さな城下町     
※一口メモ
@津和野藩の藩主変遷:毛利氏の領地⇒慶長6年(1601)坂崎直盛が3万石で入封(除封)⇒元和3年(1617)亀井氏が鹿野から津和野藩に入封し明治まで続く。
A幕末維新時の津和野藩:維新時の津和野藩は早くから勤王に恭順した(津和野藩からの出兵は50名)。
B津和野藩で明治に活躍した人物2人。文豪の森鴎外と西洋流哲学の西周。
津和野藩、津和野城馬場先櫓
津和野藩、津和野城物見櫓
津和野藩、津和野城址から城下町を望む
山頂の津和野城石垣/津和野藩
津和野藩、森鴎外旧宅
太鼓台稲荷(三大稲荷)、津和野藩
津和野藩/津和野城: 石見(島根)津和野町 亀井家 外様 43千石【大広間】伯爵     山陰の小京都                  津和野藩
 三大石垣山城(他に美濃岩村城・大和高取城)。津和野城馬場先櫓・物見櫓現存。津和野藩の藩校養老館。 森鴎外旧居。マリア堂。 
 太鼓台稲荷(三大稲荷)。津和野藩亀井家別邸温故館。大阪城から千姫救出の前津和野藩主坂崎出羽守墓。津和野藩亀井家菩提寺の永明寺。
昭和47年10月探訪/平成9年夏/同18年10月再訪多/同26年1月 亀井政矩が1617年に津和野藩に入封し11代250余年在封
津和野藩、亀井家菩提寺の永明寺                      津和野藩の歴代藩主墓所
津和野藩城下のマリア聖堂
津和野藩亀井家別邸の温故館 H9

城址から見た城下町

津和野藩/津和野城

昭和47年10月津和野藩探訪時
 JR津和野駅にて/平成18年
坂崎出羽守の墓:津和野藩3万石、坂崎出羽守は大阪夏の陣で千姫救出。後に家康の怒りにふれ、領地没収、切腹