津山藩:津山城
津山藩、城東地区を平成25年5月再訪/上月城探訪途次

※一口メモ:@津山藩の藩主変遷:小早川家岡山藩領・無嗣絶家→森家・発狂除封→1698年、家禄30000俵の松平家が津山藩に入封し藩主家定着
A幕末維新時の津山藩:津山藩は幕府軍の一員として、長州征伐や鳥羽伏見の戦いに参加した。しかし、戦いに敗け、周辺の藩からは強く反対されたが、長州藩の周旋で恭順が認められた。ひきかえに、津山藩には献金5千両が課された。
B津山藩松平家とは:津山藩松平家は徳川家康の二男、結城秀康を家祖とする越前松平家の直系である。秀康の長男、忠直が福井藩を継いだが、性狂暴のため豊後府内に配流。忠直の子の光長は高田26万石に転封された(のち光永除封)⇒この家が津山藩へ・・・・越前福井は忠直の弟、忠昌が継いだ。  結城秀康(家康二男:福井藩)⇒忠直(福井藩、豊後配流)⇒忠直の子、光永(高田藩、のち除封)⇒再興されて津山藩へ
                                    ⇒忠直の弟、忠昌(福井藩を継ぐ)

津山藩、津山城門/大隈神社
津山藩、津山城登城口
津山藩、城東地区の商家町を散策:江戸の情緒、面影が濃く残る/平成17年
26年ぶりの再訪時は、隅櫓が復興していた/平成17年、津山藩津山城
津山藩松平家菩提寺の天徳寺/東京虎ノ門の合祀墓 H17.01参詣
津山城下にある松平家菩提寺の泰安寺。但し、松平家の藩主墓所は無い。
津山藩/津山城:美作(岡山)津山市 松平・福井藩分家 家門 100千石【大広間】子爵      ☆松平宣富1698年に津山藩に入封し9代170余年
 衆楽園 大隅神社に津山城門 商家の町並み   津山藩の領地の菩提寺、泰安寺(墓所無)   殆んどの津山藩主(6人)墓所は天徳寺/東京虎門 
               津山藩探訪歴:昭和54年7月探訪/平成17年9月再訪A:上月のWさん宅宿泊/同25年5月(上月城途次)B

津山藩、衆楽園と白睡蓮