上田藩:上田城
上田藩:上田城:信濃(長野)上田市 藤井松平家 譜代 53千石【帝鑑間】子爵  ☆松平忠周が1706年上田藩に入封7代160余年在封
上田城隅櫓3基  3の丸に藩主屋形御門  上田藩松平家菩提寺の願行寺    真田家発祥の地     
上田藩探訪歴:昭和60年9月探訪/平成11年4月再訪は桜/同17年9月B/同26年7月更新 上田藩の支藩:出羽上山30千石
上田藩、上田城の隅櫓
上田藩の上田城:平成11年4月は桜満開

   

上田藩松平家菩提寺の願行寺&藩主墓所 H17.09参詣
※一口メモ:
@上田藩の藩主変遷:真田家(昌幸・領地収公)⇒真田家(息子の信之)⇒仙石家⇒1706年、藤井松平家が出石から上田藩に入封。
A上田藩の藩主、藤井松平家とは:藤井忠晴を家祖とする。忠晴が元和5年(1619)、父の信吉から常陸で2千石分地を受けた。寛永10年(1633)に3千石加増され、5千石の旗本となる。寛永19年(1642)忠晴は田中25千石で諸侯に列した。その後⇒掛川藩⇒丹波亀山藩⇒岩槻藩⇒出石藩と転封し上田藩に入封した。   

B幕末維新時の上田藩:維新時の上田藩は佐幕に藩論を定めたが、新政府の東征軍が来ると、帰順し、上田藩の藩兵は会津へ出兵した(516名出兵し、11名戦死)。戦後に軍功により上田藩は賞典禄3千石賜った。
上田藩、藩主屋形御門
上田藩、上田城のお堀