上原城/諏訪氏嫡流の居城 
上原城:長野県茅野市ちの  上原城探訪歴:2015:09
上原城は諏訪氏嫡流の居城。 諏訪氏は代々、諏訪大社の代祝を務めてきた一族である。 上原城は標高978mの金毘羅山の山頂にあり、平時は中腹に居館があった。上原城は、文正元年(1466年)頃、諏訪信満が築城したという。天文11年(1542年)に諏訪頼重が武田信玄に滅ぼされると、武田氏の支配下に置かれ、上原城は武田氏の信濃支配の拠点の一つとなった。天正10年(1582年)の織田氏の甲州征伐で武田氏は滅亡、上原城も廃城となる。
諏訪頼重は武田勢の進撃で、上原城を焼き払い、2kmのところにある桑原城に立て籠もったが、武田軍から和睦の申し入れ有り、桑原城を開城したが甲府の東光寺に幽閉され切腹した。これで名門諏訪氏の嫡流家は滅亡した。 
登城案内:頼岳寺(諏訪高島藩初代藩主墓有)山門で右側に折れると案内板があり、諏訪氏居館跡、上原城へと車で登城できる。     
   
 上原城へ                  上原城の空堀
 
 上原城三の郭  上原城二の郭と物見石
   
   上原城主郭
   
 上原城配置図             上原城の三の郭から茅野市街を望む
 
 諏訪氏の平時の居館跡、板垣平。一ヘクタール。  
Back