上野城
上野城:伊賀(三重)伊賀市上野 津藩32万石・藤堂家の城代支配(津藩家老の藤堂采女家が7000石で上野城の城代を9代続く)  上野城      
津藩校の崇廣堂。荒木又右エ門の鍵屋の辻での決闘。芭蕉生家。忍者屋敷  上野城探訪歴:平成10年3月/同15年11月:柳生②/同25年5月③
 上野城は天正9年(1581)、織田信雄の家臣、滝川雄利が築いた。その後、天正13年(1585)、筒井定次が入封し大掛りな修築を施した。慶長13年(1608)失政を咎められ筒井家は改易、代って築城の名手、藤堂高虎が入り、大阪城包囲網の一つとして大修築が行われ、慶長19年(1614)に上野城は完成した。ただし、天守閣は1612年の暴風で倒壊し再建されなかった。江戸期を通じて津城を本城とする藤堂家の城代支配(藤堂采女家)が幕末まで続いた。現在、上野城本丸に建つ復興天守閣は昭和10年(1935)に建てた模擬天守。本丸西側の高石垣は約30メートルの高さをもつ。  
 旅に病んで
      夢は枯野を
          かけめぐる (芭蕉)

有名人の墓>

上野城下:芭蕉生家の前にて/H15柳生陣屋探訪途次7上野城下
荒木又右エ門等仇討助太刀の鍵屋の辻跡/上野城下
上野城(内)にある忍者屋敷前にて/H15
上野城の城下にある津藩の藩校崇廣堂
上野城址の<辛味ソバ>は旨かった(H15)
 河合又五郎の墓(萬福寺)
河合又五郎:元和元年(1615)-寛永11年(1634)享年19才。備前岡山藩士。
河合又五郎(19歳)は岡山藩主、池田忠雄の小姓で渡辺源太夫(17歳)を斬って逃げ、直参旗本の安藤家にかくまわれた。このことが外様大名岡山藩と旗本との争いとなってしまい、源太夫の兄、渡辺数馬は義兄の荒木又右衛門の助太刀をえて、伊賀国の上野城下の鍵屋の辻で決闘になり又五郎は数馬に討たれた。渡辺数馬側は4人、又五郎一行は11人であった。
 荒木又右衛門と渡辺数馬は鳥取藩の城下に眠る。     
   
  30mの上野城高石垣は日本一
上野城