浦戸城(址)
浦戸城(址)遠望/高知県高知市桂浜    浦戸城址碑
浦戸城:高知市浦戸(浦戸山) 長宗我部家
浦戸城は天正19年頃から10年間長宗我部氏の本城。慶長5年の関が原の戦いで豊臣方(西軍)についた盛親(元親の子)は徐封され、土佐には山内一豊が入封した。一豊は浦戸城を廃城して現在の高知城を築城した。                (浦戸城探訪歴:平成18年12月/同26年1月))
長宗我部元親(1539-1599)
   戦国大名。一領具足により兵を動員して勢力を拡大、四国を統一した。
浦戸城の城主、長宗我部元親の墓/高知市長浜の天甫寺山    (江戸有名人の墓)