牛久藩:牛久陣屋

<戻る

Back

※一口メモ:@旗本5000石、山口重政が慶長6年(1601年)、5000石加増され諸侯に列した。慶長18年(1613年)、将軍秀忠の勘気をこうむり領地を没収され姫路藩にお預けとなった。寛永6年(1629年)、重政は召し返され、再び諸侯に列した。そして2代目の弘隆が牛久藩を立藩した。
A幕末維新時の牛久藩:維新時の牛久藩は藩論を恭順にまとめ、新政府軍に50名の兵士をだした。主に水戸j街道の警備を担当。

牛久藩山口家菩提寺の曹渓寺/東京麻布と歴代藩主墓
牛久藩、最後の藩主(弘達)墓と東林寺/牛久
   牛久沼からみた牛久陣屋跡の台地
河童沼(牛久沼)台地の牛久藩陣屋跡
牛久藩の移築陣屋門/下根町600 
牛久藩/牛久陣屋:常陸(茨城)牛久市  山口家 譜代 10千石【菊間】子爵  ☆山口弘隆が1669年、牛久藩に入封し12代約200年在封
牛久藩の陣屋跡は牛久沼の台地 移築陣屋門/下根町600 牛久藩の最後の藩主菩提寺の東林寺  歴代の牛久藩の藩主墓は麻布の曹渓寺
  牛久藩は周防山口外6ケ国を領した
守護大名、大内家の子孫。 出目の山口の地名を名のる。 牛久藩
                    牛久藩探訪歴:平成8年2月探訪/同16年秋/同25年9月B