臼井城 
臼井城:千葉県佐倉市臼井田                               臼井城探訪:2014.03
臼井城は12世紀中頃、千葉氏一族の臼井常康が築いたという。1557年(弘治3年)、臼井久胤の後見人、原氏が臼井城に入城しその支配下となる。1574年(天正2年)原氏の居城、生実城が里見氏の手に落ちた為、原氏は臼井城を本拠とした。1590年(天正18年)豊臣秀吉の小田原征伐により、臼井城には德川家康の家臣、酒井家次が3万石で入封した。しかし1604年(慶長9年)に高崎藩に転封したので臼井城は廃城となった。臼井氏菩提寺円応寺。
 臼井城址碑文/円応寺に駐車し徒歩3分                 臼井城の土橋跡
臼井城Ⅱ郭  臼井城Ⅰ郭
   臼井城Ⅰ郭からの城下町並/標高20mぐらい
臼井城築城、臼井氏菩提寺の円応寺  臼井氏歴代の墓所/左側に子孫の現在墓有り
 
   
Back