臼杵藩:臼杵城
臼杵藩/臼杵城:豊後(大分)臼杵市 稲葉家 外様 50千石【柳間】子爵 ☆稲葉貞通が1600年、郡上から臼杵藩に入封し15代260余年在封
臼杵城畳櫓・卯寅口門脇櫓 臼杵藩主屋敷 臼杵藩稲葉家菩提寺の月桂寺  二王座通り  臼杵の磨崖仏/重要文化財 
臼杵藩探訪歴:昭和47年10月探訪/平成9年2月/同21年4月再訪/同26年1月 稲葉家は他に山城淀藩102千石・安房館山藩10千石
※一口メモ:@臼杵藩の藩主変遷:戦国期は大友氏の領地⇒太田氏(関ヶ原で西軍のため改易)⇒慶長5年(1600)、関ヶ原の戦いで西軍から東軍に加担した功により稲葉貞通が郡上から臼杵藩に入封。
A幕末維新時の臼杵藩:幕末維新時の臼杵藩は大勢に順応して新政府軍に恭順した(臼杵藩からの出兵は118名)。  
臼杵藩、重要文化財の臼杵磨崖仏、臼杵藩の領地
臼杵藩、臼杵城の現存櫓
    臼杵藩稲葉家菩提寺の月桂寺                            臼杵藩歴代藩主の廟所
臼杵藩の城下、仁王座通りの寺町と上級武家長屋門
      臼杵藩の城下の商家通り
臼杵藩、畳櫓

臼杵藩