宇都宮藩:宇都宮城
宇都宮藩/宇都宮城: 下野(栃木)宇都宮市 戸田家 譜代 77千石【雁間】子爵      ☆戸田忠恕が1774年、宇都宮藩に入封し7代90余年在封
宇都宮城は吊り天井事件で有名  宇都宮藩の藩祖&歴代藩主の合葬墓の松源寺/中野区⇒明治41年に英厳寺跡(領地)に改葬 
宇都宮藩探訪歴:昭和59年8月探訪/平成17年5月再訪B/同24年7月C 
宇都宮藩の支藩:足利藩11千石・高徳藩10千石        戸田家別系統:大垣藩100千石・野村新田藩10千石・松本藩60千石
※一口メモ:宇都宮藩の藩主変遷:奥平家→本多家(吊り天井事件・除封)→奥平家再封→松平家→本多家→奥平家再封→阿部家→戸田家
 →松平家(深溝)→1774年、戸田家が宇都宮藩に再封し藩主家が定着

※宇都宮藩の吊り天井事件:元和5年(1619)、本多正純が15万5千石で下野小山藩から宇都宮藩へ入封。この正純が宇都宮藩主の時、城に吊り天井を仕掛けて2代将軍徳川秀忠の暗殺を画策した<元和8年(1622年)>という嫌疑を掛けられ、本多家は改易、正純が出羽横手へ流罪となった。本多正純の父正信の頃から家康に重用された本多家は、家康死後も権勢を誇ったために秀忠や側近らに疎まれており、その失脚を狙った謀略というのが今日の見解である。首謀者は酒井忠世や土井利勝、井上正就といった幕閣重職の面々といわれる。
※幕末維新時の宇都宮藩:戊辰戦争では、宇都宮藩は新政府軍に恭順したが、このために大鳥圭介、土方歳三等の旧幕府軍の諸隊に攻められ宇都宮城は落城した。藩主の戸田忠恕らは館林に逃げ落ちた。その後、薩摩6番隊・大垣藩などの奮戦により宇都宮城を奪還したが、焦土と化した。戦後の論功行賞で宇都宮藩は賞典禄1万石を賜った(宇都宮藩から1661名出兵、戦死者52名)。
幕末から明治への2代の藩主墓とそれ以前の宇都宮藩戸田家合葬墓。英厳寺跡/宇都宮市(明治41年に松源寺から改葬した)。 H17.05参詣
宇都宮藩の宇都宮城復興櫓
宇都宮藩戸田家の江戸期の菩提寺、松源寺にある藩祖の墓石と累代藩主合葬墓石 H18.09参詣