宇和島藩:宇和島城
宇和島藩:宇和島城:伊予(愛媛)宇和島市 伊達家・仙台藩分家 外様 100千石【大広間】侯爵 宇和島藩
☆仙台藩伊達政宗の庶長男、伊達秀宗が1615年、宇和島藩に入封し9代250余年在封           江戸時代の現存宇和島城天守閣。
上り立ち門。山里倉庫。 宇和島藩天赦園。桑折氏長屋門。宇和島藩伊達家菩提寺の等覚寺・大隆寺。西工寺庭園の枯山水。
宇和島藩の支藩:吉田藩30千石         宇和島藩探訪歴:昭和49年9月探訪/平成11年5月A/同24年9月再訪B
※一口メモ
@宇和島藩の藩主変遷: 富田家改易→天領→1615年、伊達家が宇和島藩に入封し藩主家が定着

A和島藩の幕末の当主は直参旗本3000石、山口氏(土呂陣屋)から入った養子の伊達宗城(だてむねなり)でした。この人は 幕末の四賢候の一人といわれ (四賢候の残り三人は 薩摩藩島津斉彬 土佐藩山内容堂 越前藩 松平春嶽) 人々の期待を一心に集めた。宗城の宇和島藩は幕府から逃亡中の高野長英を宇和島に招いたり、大村益次郎に兵書を翻訳させたりするなど、進取の気性に富み、富国強兵を図っていった。しかし
薩長の武力討幕には、中途半端な対応をとった。宇和島藩は鳥羽伏見の戦いには直接の戦闘には参加せず、御所を守った。更に戊辰戦争の東北戦線への出兵には用船が難航して間に合わず、養子で最後の宇和島藩主の宗徳は謹慎処分となった(宇和島藩からの出兵は47名)。


                           <幕末275藩  <現存天守閣12城  <大名庭園    
宇和島藩伊達家菩提寺の等覚寺                           宇和島藩  藩祖・2・3・4・6・8代藩主の墓所 
八束兄弟長屋門、宇和島藩
宇和島藩山里倉庫
宇和島城上がり立門/宇和島藩
宇和島藩、宇和島城の登城階段
宇和島藩天赦園
宇和島藩伊達家菩提寺の大隆寺                         宇和島藩 5・7・9代藩主の墓所
宇和島藩家老桑折氏長屋門
天赦園一帯は、宇和島城の西南を囲んだ海であったが、寛文12年(1672)二代藩主伊達宗利がここを埋め立てて造成した浜御殿の一部で、周囲607m、面積1,630平方メートルある。 第七代藩主宗紀は、この浜御殿の南寄りの一角に隠居所を造るため、文久2年(1862)に工事を起こし、同12月に潜淵館・明神楼・春雨亭・月見亭の建築が完成したので、宗紀はここに居を移して、南御殿といった。 翌文久3年(1863)2月、庭造りに着工し、慶応2年(1866)に完成した庭園を天赦園と名付けた。この名は、初代藩主秀宗の父である仙台の伊達政宗が作った詩からとったものである
宇和島藩、宇和島城の江戸時代現存天守閣