若桜藩:西舘新田藩
若桜藩(わかさ)/西舘新田藩因幡(鳥取)桜町 池田家・鳥取藩分家 15千石【柳間】子爵 
藩庁は江戸時代には鳥取城下にあり明治元年に若桜に陣屋を構築したといわれている。 廃藩置県で藩主は東京住まいとなったため、遺構は皆無。戦国時代までの若桜城址の麓にある小学校あたりにあったのではと推量されるが定かではない(小大名の陣屋跡は明治になり殆どが小学校等の公共施設になった経緯がある)。  若桜は江戸時代は若桜往来の宿場町として栄えた蔵通り、カリヤ通り。 若桜藩の歴代藩主墓所は宗藩と同じ、奥谷の池田家墓所。 尚、江戸の菩提寺、弘福寺には若桜藩5代藩主池田冠山の墓
若桜藩探訪歴:平成9年8月探訪/同19年7月再訪/同26年7月更新  池田清定が1700年、兄から分地受け若狭藩を立藩し10代160余年在封
カリヤ通り
※一口メモ:@若桜藩の藩主変遷 :山崎家が備中成羽へ→鳥取藩領→ 池田清定が元禄13年(1700年)、兄から分地受け若桜藩を立藩
A維新時の若桜藩:維新時の若桜藩は宗藩の鳥取藩と行動を共にし、新政府軍として戦った。若桜藩からは127名が出兵し7名戦死した。戦後、軍功
により若桜藩は
賞典金5千両を賜った。
蔵通り
江戸の面影が濃く残る町筋/若桜藩
弘福寺/東京墨田区と若桜藩5代藩主冠山のお墓。 尚、鳥取の国府町の池田家墓所にも墓がある。 H17.01参詣
若桜藩、若桜陣屋が構築されたとしたら、この小学校あたり
若桜藩池田家の奥谷の歴代藩主墓