涌谷要害:涌谷城 
涌谷要害/涌谷城:宮城県遠田郡涌谷町涌谷(町立資料館) 涌谷要害  涌谷要害探訪歴:2012.04
涌谷伊達氏(亘理氏)226百石(伊達氏一門)。 隅櫓の太鼓堂。 千石家薬医門。 涌谷要害領主菩提寺の見龍寺。 
涌谷城は、中世大崎氏の支族涌谷氏の居城であったが、伊達領となり、天正19年(1591)に亘理重宗が入城し以後277年、涌谷伊達氏(亘理)が統治した。元和元年(1615)の一国一城令により涌谷城は廃城され涌谷要害と称した。江戸時代の末期には建築21棟、土蔵3棟となり掘をめぐらしていた。
見龍寺:涌谷要害領主、涌谷伊達氏の菩提寺、墓所(東日本大震災で壊れたままの御霊屋もあった)
涌谷要害の隅櫓(太鼓堂):天保4年(1833)の再建といわれ、屋根には仙台藩
一門の象徴として鯱があげられている。極めて素朴な建築で、大変貴重な遺構。
千石家薬医門:江戸時代中期頃の建築と推定。千石家は代々涌谷伊達氏の宿老の家柄であった。(涌谷要害)
Back
涌谷要害を望む (左)町立資料館 (右)隅櫓(太鼓堂)