柳生藩:柳生陣屋
柳生藩 大和(奈良) 柳生家 譜代 10千石【菊間】子爵  柳生藩探訪歴 平成15年11月探訪//同23年4月鹿児島関西35会途次再訪/
定府大名 柳生藩陣屋跡  家老屋敷 正木坂道場  柳生藩柳生家菩提寺の芳徳寺 一刀石 柳生十兵衛の一本杉  
 小さな盆地の柳生の里は、NHK放映後数年が経過して訪れる人も少ない。無人の野外店で100円で柿10個、食べ食べ、のんびりと歩いてまわる。翌日は、室生寺・長谷寺・東海道の宿場町、関宿へ(平成15年秋) //  鹿児島35会関西合同総会出席の途次に再訪(平成23年春)   柳生藩
※一口メモ
@柳生藩の立藩:寛永13年(1636年)、将軍家剣術師範役の6000石の柳生宗矩が4000石加増され諸侯に列し、柳生藩を営む。
遺領は十兵衛が継いだが分与したので8000石の旗本となる。寛文8年(1668年)、宗冬が加増され再び柳生藩を立藩した。
A柳生藩は定府大名で代々将軍家の剣術師範を家職とした

B幕末維新時の柳生藩:維新時の柳生藩は佐幕派(江戸詰)、勤王派(国許)で割れていたが、最終的には新政府軍に恭順した。 

                                 <幕末275藩         <小さな城下町
柳生藩の陣屋跡
       柳生藩、正木坂道場から見た柳生の里                      柳生藩、有名な一本杉は立ち枯れ
柳生藩一刀石                               柳生藩、正木坂道場
             柳生藩柳生家菩提寺の芳徳寺                              柳生藩歴代藩主墓所
柳生藩家老屋敷