矢掛茶臼山城
矢掛茶臼山城:岡山県小田郡矢掛町東三成  矢掛茶臼山城探訪歴:2013.04
矢掛茶臼山城は天正11年(1583)、毛利元清(毛利元就の6男)が築城した。標高110mに築かれた平山城。豊臣秀吉が天正19年(1591)、朝鮮出兵の出陣の折にこの矢掛茶臼山城に宿泊したという。慶長5年(1600)の関ヶ原の戦いで敗れた毛利氏は防長2国へ転封されて、矢掛茶臼山城は廃城となった。
Back
矢掛茶臼山城からの眺望                           江戸期の梵鐘/ここを左折し車で登城できる
なだらかな小山に築城された城で、戦略的価値はほとんどなかった?:毛利元清の隠居城として築城
堀跡と前方小高い丘が茶臼山城
矢掛茶臼山城見取り図