矢掛陣屋(三成陣屋)/矢掛宿
矢掛陣屋(三成陣屋):岡山県小田郡矢掛町矢掛1306  矢掛陣屋探訪歴:2013.04
矢掛陣屋の奉行屋敷  矢掛陣屋薬医門(旧矢掛宿脇本陣高草家に移築)  矢掛宿(山陽道)  
矢掛の地は、戦国時代は毛利領⇒関ヶ原の戦い後は幕府天領⇒元和3年(1617)備中松山藩池田家領⇒寛永18年(1641)幕府天領⇒元禄6年(1693) 備中庭瀬藩松平家領⇒元禄12年(1699)備中庭瀬藩2万石板倉家領となり、明治まで板倉氏の家臣が矢掛陣屋に駐在し小田郡内所領を支配した。
                                        山陽道 矢掛宿 
元禄2年(1689)の矢掛宿は山陽道に沿って800mの町並で197軒であった(矢掛本陣石井家文書)。 

  

矢掛宿町並 
   
矢掛陣屋の薬医門/脇本陣の高草家
Back
宿 場 町 >
矢掛宿本陣石井家/酒造業
                  矢掛陣屋跡                          矢掛陣屋代官屋敷//陣屋の右隣地
義倉跡碑(代官屋敷前)/義倉は飢饉に備え米や粟を備えた蔵
矢掛宿脇本陣高草家