山家藩:山家陣屋 
山家藩 丹波(京都)綾部市山家 谷家 外様 10千石【柳間】子爵      ☆谷衛友が1600年、本領安堵され山家藩が成立13代260年在封
山家藩の陣屋跡は谷神社  山家藩谷家菩提寺の覚応寺、墓所   江戸の面影が残る町筋  枯山水の照福寺庭園
山家藩探訪歴:平成8年12月探訪/同19年5月再訪/同26年7月更新  山家藩
山家藩の陣屋跡からの遠望
※一口メモ:@山家藩谷家とは:美濃犬山の人で谷衛好が織田信長の家人となる。備中三木城攻めで戦死、子の衛友が豊臣秀吉から山家藩16千石を賜った。関ヶ原の戦いでは西軍に与し、細川藤孝の田辺城攻めを命じられたが、歌道の師である藤孝を討つには忍び難く城から出ず動かなかった。結果として東軍に与したことになり、本領の山家藩を安堵された。(2代衛政の時、弟や甥3人に6千石分地した)。
A幕末維新時の山家藩:鳥羽伏見の戦いの時、山家藩の藩主は江戸に居たが、直ぐに上京し恭順の意を誓った。山家藩の国許でも山陰鎮撫使に恭順し、25名の藩兵をだした。
山家藩の城下にある照福寺と枯山水の庭園
山家藩、山家の町並
山家藩の陣屋跡
山家藩谷家菩提寺の覚応寺(無住寺)                           山家藩谷家の自然石の歴代藩主墓