山形藩:山形城 
山形藩/山形城:出羽(山形)山形市 水野家 譜代 50千石【雁間】 子爵   
 山形城復興門・櫓。宝光院の移築御殿。 山形城築城の最上家3代の墓/光禅寺。 山形城は譜代大名の左遷組の城址。
山形藩探訪歴:平成元年5月探訪/同9年9月/同18年11月再訪B/同26年7月更新   山形藩
山形藩水野家歴代墓所/結城市万松寺跡 天保の改革推進者/水野忠邦墓
江戸時代の山形藩の藩庁、山形城とは:山形城は最上氏の祖斯波兼頼が、延文2年(1357)に築城したと伝えられている。兼頼の子孫は、のちに最上氏を称して、代々居城した。最上氏11代当主義光の代に、関ヶ原合戦(1600年)の戦功により、57万石の大々名となり、実質100万石の城下町として山形は繁栄した。 しかし、義光の孫・家信(義俊)の代に、家中不取締りの罪により、1622年、最上氏は改易された。義俊は1万石の小大名へ (子孫は滋賀県東近江市大森に5千石の陣屋を構え、明治を迎えた)
山形藩、山形城移築御殿/宝光院
山形藩、山形城の復興門・櫓
※一口メモ:@山形藩の藩主変遷:最上家⇒鳥居家⇒保科家⇒越前松平家⇒奥平松平家⇒堀田家⇒越前松平家再封⇒奥平松平家⇒堀田家⇒大給松平家⇒秋元家⇒そして1845年、浜松から水野家が山形藩に入封。東国の要塞、山形城は左遷大名の城となった。
A幕末維新時の山形藩:新政府軍から庄内藩追討の命を受けたが、その後、奥羽越列藩同盟が結成されたので、山形藩は同盟に参加した。しかし新政府軍に敗れた(19名戦死)。戦後、山形藩は減封を免れたが、首席家老の水野元宣(27歳)が斬首に処せられた。

最上氏三代の墓/光禅寺

山形藩、山形城内にある最上義光銅像
平成元年、大ちゃん8才/山形藩の山形城にて