谷村城
谷村城:山梨県都留市上谷 (谷村城跡は谷村第一小学校や都留市役所一帯) 谷村城探訪:2012.11 
谷村城の築城は定かではない。武田家の重臣、小山田氏が居城をこの谷村に移したという。天正10年(1582)小山田氏が滅亡した。その後の都留郡支配は北条氏、徳川氏、豊臣氏、徳川氏と変遷した。遺構は殆ど無い。
谷村城主の変遷:天正18年(1590)豊臣秀勝の家臣、三輪近家(城代)⇒天正19年(1591)加藤光泰の養子、加藤光吉(城代)⇒文禄3年(1594)浅野長政の家臣、浅野氏重(城代)⇒関ヶ原の戦い後の慶長6年(1601)鳥居成次が18千石で入封し谷村藩が成立した⇒寛永10年(1633)秋元泰朝が18千石で入封し三代後の宝永元年(1704)に川越に転封し谷村藩は廃藩となり天領となった(享保9年、1724年谷村陣屋が設置された)。
小学校の一角に建つ谷村城碑
天領時代に陣屋が建てられた(右)方向からみた谷村城跡
谷村城、家臣団の絵図(市役所前)
谷村城碑の後方建屋が市役所
Back